仙台さくらエビ日記
プロフィール

sakuraebidayo

Author:sakuraebidayo
宮城県在住
趣味は多彩ですが、何事も熱しやすく、
冷めても飽きても継続することが
強みだと思い生活しております。
ブログはエビの飼育メインですが
他にも私生活の事をアップしていき
たいと思いますので気になった方は
コメント頂けるとウレシイです。
繁殖個体の購入等ご相談乗ります。
ご希望に添えるよう最善を尽くしますのでご連絡下さい。
info@sendai-sakura.biz



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウントマシン



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケール
今日はエサについてです。
ブリード前は冷凍物を使用していましたが、安全と新鮮さを求めて
ケールの自家栽培を行っております。
庭の家庭菜園エリアに小スペースですがトライしております。
肥料は堆肥と日々ためて埋めた野菜の端くれ、
野菜の栽培に大事なことは毎日の水遣りと極端な温度変化のないこと。
あとは、なるべく良質な種を入手することかと思って以前から
家庭菜園は行っています。

まずは、種を小分けに栽培します。
苗専用の肥料で比較的温かい場所で、2週間ほどで発芽。
s-IMG_2361.jpg s-IMG_2365.jpg

育ってきた苗を堆肥を多めに入れた菜園スペースに。
s-IMG_2367.jpg

ここから2ヶ月ほどでケールの形になってきます。
葉が育ってくると虫食いが始まりますのでネットをかけます。
s-IMG_2552.jpg

冷凍のケールよりは小ぶりですが
新鮮なケールをエビ達に与えることを考えると
栽培を続けようと思います。
s-IMG_2643.jpg s-IMG_2634.jpg

ケールは発芽には、ある程度の気温が必要ですが
根付いてしまえば畑で冬を越せます。
なるべく完成後すぐの栄養価の高い状態で与えたいので
苗の育成は時間差をもうけ、どうしても鮮度の高いケールが
手元にない場合は冷凍ケールを使用するようにしています。
種まきから、およそ3ヶ月で収穫ですので、エビの個体数と
繁殖期を逆算して種まきの時期や量を計算しようと思います。

でわ、でわ。。
また、マニアックなブログ書きたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。